2006年05月24日

思ひ出写真館〜金太郎〜の巻

kinta01.jpg

うーん、、、金太郎の写真を探したんですが、どうも貰ってきた当時の写真が見あたらない。。。なぜだろう。。。(汗)

金太郎も小梅と同じく近所の東急ハンズの里親募集で貰ってきました。実を言うと、どっちかというと、小梅が一人で昼間お留守番をするのは寂しいだろう、もう一匹仲間がいた方が楽しいのでは?という考えで新しい猫を迎えようというのが目的だったのです(ごめん、金太!)

だからそんなに可愛くなかったから写真を撮らなかったってわけじゃないんですよ(汗)ほ、ほら、人間の子供だって第一子の方が写真とかビデオとか多いでしょ?そ、それと一緒ですよ(大汗)

金太郎と小梅は割とスムーズに仲良くなっていきましたねー。予想に反して。いつも一緒に寝てたし。
今では、桜子も杏も虎次郎も「シャーッ」とすぐに威嚇して決して近づけない金太郎ですが、子猫の時から一緒だった小梅にだけは心を許してるんだと思います。

そうそう、うちの子たちは、人間の食べ物にはほとんど手を出さない(というかそういう風に躾けたつもりなんですが)のに、金太郎だけは違いますねー。流しの魚の骨を夜中にむしゃむしゃ食べてるし、僕がおやつを食べてると手を出して食べようとするし。
なんと!カールに目がないんです!カール(チーズ味)を食べていると絶対にやってきます。でも金太郎の体に悪いんであげませんけどね。それと、キッチンの棚に食パンとかを置いておくと、たまに翌朝ぐちゃぐちゃにされていることがあります。それも多分金太郎だと思います。なんか人間の食べ物が好きなんですよねー。

って書くと、野生を失った猫みたいですが、そうでもないんです。
1年前くらいの事件なんですが、テレビを見ていた僕のソバに金太がやって来ました。ん?と思って見てみると、口には一羽のスズメが。そして金太の口からは血が。。。うひー!と飛び上がった僕は急いでスズメを金太郎の口からもぎ取りましたが、もう死んでいました。そんな殺生をするなんて・・・とちょっと悲しかったんですけど、それが猫の習性なんですよね。獲物をしとめてご主人に持って行く。
僕の元に持ってきたのは、「誉めて誉めて」って自慢したかったんですよね。。。あの時金太郎を叱ったりして、今になってちょっと気の毒な気がします。ごめんね、金太郎。

スズメさんの遺体は、うちの庭にひっそりと植えました。スズメさん、ごめんね。金太を許してあげてね(願)

ちょっと湿っぽくなってしまったですが、気を取り直して、また明日!

kinta02.jpg

posted by gary87 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。